メールでのお問い合わせは下記フォームからお願い致します。

*イベントに関連がないものや誹謗中傷、営業・宣伝目的のお問い合わせは取り扱いしませんのであらかじめご了承ください。

JAZZ in 四国(愛南町)実行委員秋事務局

〒798-4110
愛媛県南宇和郡愛南町御荘平城 2979
TEL/0895-72-1012 FAX/0895-72-0825

Email/info@jazzinshikoku.com

© 2019 by JAZZ in 四国(愛南町) 2019実行委員会

Keiko Lee

feat. Philip Woo

ケイコ・リー KEIKO LEE / VOCAL, PIANO

1995年のデビュー作『イマジン』以来、ライヴ盤、ベスト盤を含む23枚のアルバムをはじめ、多くの作品をリリースしている。存在感のあるヴォーカル・スタイルとディープ・ヴォイスが評判を呼び、共演したミュージシャンから「楽器と対等に渡り合える歌手」と絶賛され、その即興性と瞬発力にすぐれたパフォーマンスの評価は高い。2001年、日産ステージアCMソング『ウィ・ウィル・ロック・ユー』の大ヒットで幅広いファンを獲得。翌年に発表したベスト・アルバム『ヴォイセズ』は累計25 万枚のヒット作となった。2003年、スイングジャーナル誌主催「日本ジャズメン読者人気投票」では女性ヴォーカル部門の第1位(13年連続/通算15回)に加え、総合部門の頂点でもある「ジャズマン・オ ブ・ザ・イヤー」、「アルバム・オブ・ザ・イヤー」の三冠の快挙を達成。アルバムデビュー10周年を迎えた2005年には、長年の活動を支えてきたファンの声を反映したベスト盤、『ヴォイセズ・アゲイン』をリリース。2012年、国内外5人の男性ヴォーカリストとのデュエットで話題となった『ケイコ・リー・シングス・スーパー・スタンダーズ 2』をリリース。その他 CM 楽曲、TVドラマ主題歌などオリジナルの作曲にも定評があり、また多重録音のヴォーカル・アレンジも自ら手掛ける等、多方面にて多彩な才能を発揮している。そして国内はもとより香港・台湾・韓国などアジア地域でも人気を博し、セールスも好調。実力・人気ともに No.1ジャズ・ ヴォーカリストとして国内外でその地位を確立している。2015年レコードデビュー20周年を迎え、記念アルバム『LOVE XX』を11月4日に発売。生誕100周年を迎えたビリー・ホリデイとのヴァーチャル・デュエットも収録され話題に。このアルバムはジャズ・ジャパン・アワード2015「アルバム・オブ・ザ・イヤー《ヴォーカル部門》」を受賞。

フィリップ・ウー PHILIP WOO / PIANO

キーボーディスト、アレンジャー、コンポーザー、プロデューサーであるシアトル出身のフィリップ・ウーは、ワールドツアー、レコーディングセッション、楽曲提供など25年にわたりニューヨークを拠点に活躍。現在は東京を活動拠点にしている。Maze Featuring Frankie Beverly、Roy Ayers、Whitney Houston、Roberta Flack、Grover Washington Jr.、Patti Labelle、Tower Of Power、Cyndi Lauper、Ashford & Simpson、The Stylistics、The OJays、The Four Tops、Jeffery Osborne、Kenny Gなど、数多くのミュージシャンとの共演は枚挙にいとまがない。TVでの共演は、Stevie Wonder、Curtis Mayfield、BB King、Crosby Stills and Nash、Brandy、Levert、James Ingram、Mavis Staples、Al Jarreau、Jermaine Jacksonなど。近年はNathan East、Harvey Mason、Jody Watley、Keiko Lee、久保田利伸、EXILE等のツアーや、音楽業界をリードする日本人ミュージシャンのレコーディング、プロデュース、楽曲提供など幅広く活動、また有望な若手ミュージシャンの支援にも力を注いでいる。