メールでのお問い合わせは下記フォームからお願い致します。

*イベントに関連がないものや誹謗中傷、営業・宣伝目的のお問い合わせは取り扱いしませんのであらかじめご了承ください。

JAZZ in 四国(愛南町)実行委員秋事務局

〒798-4110
愛媛県南宇和郡愛南町御荘平城 2979
TEL/0895-72-1012 FAX/0895-72-0825

Email/info@jazzinshikoku.com

© 2019 by JAZZ in 四国(愛南町) 2019実行委員会

坂田明トリオ

坂田 明 AKIRA SAKATA / A.SAX, CLARINET

1945年広島県呉市生まれ。1969年上京、"細胞分裂"を結成。1972年から1979年末まで山下洋輔トリオに在籍。1980年、自己のトリオを結成。以後、様々なグループの結成、解体を繰り返しながら音楽シーンの最前線を目指す。同時に国内外のミュージシャンとのセッションも活発で、2005年春にはジム・オルークとの共同プロジェクトをスタート。「およばれ」「かなしい」「ズボンで」「ハ行」「ちかもらち空を飛ぶ!」などの作品を発表。昨年はジム・オルークの編成したオーケストラと"ちかもちら"の共演が話題を集めた。また近年はヨーロッパのミュージシャンとのセッションも多く、毎年ヨーロッパ各地をツアーする。これらは「ARASHI」など数多くの作品として記録されている。

  • White Twitter Icon

ジム・オルーク JIM O'ROURKE / GUITAR

1969年シカゴ出身。10代後半にテレク・ベイリーと出会いギターの即興演奏を始める。その後、実験的要素の強い自身の作品を発表。「シカゴ音響系」と呼ばれるカテゴリーを擁立。また、マース・カニンガム舞踊団の音楽を担当するなど現代音楽とポスト・ロックの橋渡し的な存在となる。1999年にはソロ・アルバム「ユリイカ」を発表。また、ソニック・ユースのメンバー兼音楽監督としても活動し、より広範な支持を得る。近年は東京を活動拠点に、様々なジャンルを横断したプロジェクトを展開して新しい音楽シーンを牽引する。

山本 達久 TATSUHISA YAMAMOTO / DRUMS

1982年山口県出身。防府市の”bar印度洋”を拠点に様々な音楽活動、イベントのオーガナイズなどを精力的に行い、基本となる音楽観、人生観などの礎を築く。現在はソロや即興演奏を軸に、ジム・オルーク、石橋英子、須藤俊明との様々な活動をはじめ、オハナミ、カフカ鼾、石橋英子ともう死んだ人たち、前野健太とソープランダーズ、NATSUMEN、石田洋 with FRIENDSなどのバンドに参加。そしてex.芸害、青葉市子、UA、カヒミ・カリィ、木村カエラ、柴田聡子、七尾旅人、長谷川健一、phew、ヤマジカズヒデ、山本精一、Gofish、など歌手の録音、ライブサポートにも参加。更にはSWANNY、マームとジプシーなどの演劇の音楽も手がける。2011年にはロンドンのバービカンセンターにソロパフォーマンスとして招聘されるなど、海外公演、録音物も多数。

  • White Twitter Icon